Forbes Japan Woman Awards2017にて受賞致しました

Forbes Japan Woman Awards2017の300人以下の企業部門において、第2位を受賞致しました。

IMG_0544
Forbes Japan Woman Awardsとは?
IMG_0075

Forbes JAPANが女性のライフキャリアを支援するLiB協力のもと2016年に発足したアワード。
「最も社会で輝いている女性」「最も女性が輝き活躍している会社」が選ばれます。
「企業の成長を見据えた女性の活躍推進」という視点で企業と個人をクローズアップし、国内企業1000社・キャリア女性個人1000人へのアンケートや一般投票を経て、評議員によりが審査されます。
Forbes Japan Woman Awardsのポイントは…


「働きやすさ」ではなく真の女性活躍を目指す

という点。
福利厚生の充実や環境の整備など”ただ働きやすい”というだけでは不十分であるという考え方を元に真の女性活躍を推進するものです。

Forbes Japan Woman Awards2017授賞式

12月21日にForbes Japan Woman Awards2017の授賞式が東京ミッドタウンのリッツカールトンにて開催され、弊社代表の武川が登壇しトロフィーが授与されました。

IMG_0164

Forbes Japan Woman Awardsでは、1000社の中から個人部門、企業部門総合(従業員別)、企業部門賞が選出されます。
今回ビーボが授賞したのは、企業部門総合(従業員300名以下)の第2位でした。
数ある企業の中からこのような名誉ある賞を頂き非常に光栄です。


授賞式では、シリコンバレーを拠点に女性起業家の支援をしている堀江愛利氏とグーグルX共同創設者でネスト元CTOを務める松岡陽子氏からのビデオメッセージ上映や、特別ゲストの女性宇宙飛行士山崎直子氏のトークセッションが設けられ、世界で自身の道を切り開き活躍している女性からの「真に活躍する女性」に向けた熱いメッセージが送られました。

IMG_0186
「働きやすさ」ではなく真の女性活躍を目指す

「働きやすさ」ではなく真の女性活躍を目指す
Forbes Japan Woman Awardsにおける考え方ですが、まさに弊社はこの考え方を持っています。


12月のプチ総会にてBBM(ベストビーボメンバー)を獲得した大島由紀。
彼女は現在1才半と5才になる子供がいて時短勤務をしていますが、他を上回るパフォーマンスを発揮しBBMを授賞しました。

IMG_4783

彼女がいつも言っているのは
「時短だから、子供がいるからという理由で出来ないというのは絶対に嫌。そんな中途半端に仕事をしたくない。」ということ。
常に自身の成長やキャリアアップを見据えて120%の仕事をしています。


最近では、彼女の提案がきっかけで「病児保育代金半額支給制度」が作られました。
このように福利厚生についても「働きやすくするため」ではなく、個々が最大限のパフォーマンスを発揮するためのものという考え方があります。


女性であるということや、妊娠や出産、育児をマイナスにとらえるのではなく、キャリアのプラスにしようという女性が活躍している会社、それが株式会社ビーボです。


今後もより女性が輝ける企業として、より女性が輝ける社会を作るために尽力して参ります。