未分類

医療脱毛ってぶっちゃけどうなの?効果は?料金は?3つのポイントに分けて解説

体毛が濃いと、人前で肌を出すのが恥ずかしかったり、処理が大変だったりしますよね。そのため、脱毛をしたいと思うことが、きっと1度はあると思います。しかし、脱毛には本当に効果があるのか心配だったり、料金が高かったりというイメージでなかなか踏み切れないことがありがちです。

そこでこの記事では、脱毛の効果や料金など、気になるポイントをひとつひとつ丁寧に解説します。最後まで読んでいただくことで、脱毛に関する疑問はきっと解決されるでしょう。

こちらの「医療脱毛はぶっちゃけどうなの?|また生えてくるとの噂の真相や安い全身脱毛ができるおすすめクリニックを解説」でも、クリニックの口コミや効果について確認できます。

Contents

医療脱毛って本当に効果あるの?医師が解説

医療脱毛には本当に効果があるのか不安に思われるかもしれませんが、結論からいうと、効果は本当にあります。

じゃあ、医療脱毛とエステの脱毛って何が違うの?どっちが効くの?クリニックによって機械が違うけど、効果の差はあるの?など疑問は尽きないと思います。

そこでこれから次の内容について解説します。

  • 医療脱毛で毛が抜ける仕組み
  • 医療レーザー脱毛機器の種類
  • エステ脱毛の効果の有無

脱毛を検討している方にとっては、どれも気になる内容でしょう。脱毛に対する不安や疑問が解決できるよう、初心者の方にもわかりやすく解説します。ぜひご覧いただけると幸いです。

医療脱毛で毛が抜ける仕組みをわかりやすく解説

まず、レーザー照射により毛に含まれるメラニンという黒い色素に反応し熱を発生させます。そして毛根に熱でダメージを与えます。しかし、すぐに毛が抜けるわけではありません。施術から1週間後あたりから徐々に毛が抜け始めます。

熱によって毛が抜けるのは、毛の製造元である毛母細胞の機能が熱のダメージによって低下するためです。

その結果、毛がどんどん抜けていきます。しばらく時間が経つとまた毛が生えてきますが、医療脱毛の場合、何回も繰り返すことで永久脱毛が可能です。

ただし高い脱毛効果を得られるのは成長期の毛のみです。なぜなら、成長期以外の毛はメラニン色素が薄く、毛根が毛の製造元である毛母細胞とつながっていないので熱によるダメージが届かないためです。また成長期の毛はムダ毛全体の約20%のみを占める言われ、その他、大部分は脱毛効果の低い退行期と休止期です。毛は成長期→退行期→休止期というサイクルを繰り返しますので、脱毛は成長期の毛を狙って、何度も繰り返す必要があります。

レーザーにはどんな種類がある?熱破壊式と蓄熱式の2つに分けて解説

医療脱毛を行っている医療機関では2種類のレーザー機器を扱っているところが殆どです。

【殆ど】というのは、医療機関では、熱破壊式、蓄熱式。エステでは、光脱毛。と住み分けがされていましたが、近年、格安脱毛クリニックでは光脱毛を導入している所もあるため注意が必要です。

  • 熱破壊式
  • 蓄熱式

では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

まず熱破壊式レーザーですが、高出力のレーザーを照射することで、毛の製造元である毛母細胞を破壊します。出力が高いため、濃くて太い毛に対しても効果的です。また、即効性が高く、早ければ施術から数日程度で毛が抜け始めます。

一方で、熱破壊式レーザーのデメリットは、痛みが強いことです。また、産毛などのメラニン色素の薄い毛に反応しにくいことや、肌への負担が大きいこともマイナスでしょう。しかし、毛深くて悩んでいる方にとっては、おすすめできる施術方法です。

蓄熱式レーザーは、発毛司令塔である「バルジ領域」に対し、低出力の熱を繰り返し与え、脱毛します。メリットとデメリットは熱破壊式レーザーと逆で、肌にやさしく産毛などにも有効ですが、濃くて太い毛にはあまり強くありません。

エステ脱毛は効果がないって聞いたけど本当?

エステ脱毛は効果がないといわれることがありますが、結論からいうと、決して効果がないわけではありません。ただし、医療脱毛で可能な永久脱毛をすることはできません。なぜなら、エステ脱毛で使用する光脱毛機器は、医療機関のレーザーよりも出力が弱く、毛母細胞を完全に破壊することができないからです。

エステ脱毛の施術でも、確かに一時的には毛が減ったように感じますし、部位によっては長期間効果が持続します。しかし時間が経てば、再び毛が生えてきてしまうのです。したがって、永久脱毛をしたい方には、エステ脱毛はおすすめできません。

エステ脱毛の魅力は、医療機関での脱毛よりも料金が安いことと、施術の痛みが弱いことです。もしこれらに魅力を感じるのであればエステ脱毛を選んでもいいですが、高い脱毛効果を期待したいのであれば医療脱毛をおすすめします。

医療脱毛のデメリットは何?麻酔で痛くない脱毛も!

ここまで医療脱毛の効果や種類などについてお話しました。続いて、医療脱毛のデメリットについて解説します。

何事もそうですが、医療脱毛にもデメリットが全くないわけではありません。たとえば、痛みが強かったり、よく考えないと後悔することになったりするという点が挙げられます。しかし、これらにはきちんと対策があるため、防ぐことが可能です。

そのため、医療脱毛のデメリットだけではなく、それに対する対策方法も解説します。こちらを読んでいただくことで、きっと脱毛に対する不安が拭えるはずです。では、解説に入ります。

痛みが不安なら麻酔もあり!麻酔をするとどんな感じ?

医療脱毛は痛みが強いですが、麻酔をすることで痛みを軽減できます。医療脱毛で使われる麻酔の種類は、次の2つです。

  • 笑気麻酔
  • 麻酔クリーム

では、それぞれの特徴について解説します。

まず笑気麻酔ですが、これはガスタイプの麻酔で、吸うと数分で酔っぱらったような気分になるものです。その結果痛みに対する恐怖心が薄まり、痛みそのものも感じにくくなります。副作用の心配はあまりないため、安心して利用することが可能です。

次に麻酔クリームですが、これは文字通り顔や身体に塗ると痛みを感じにくくなるものです。ただし麻酔クリームは効果が出るまでに30分ほどかかるため、事前に利用することを伝えなければなりません。とはいえ、笑気麻酔と比較して料金が安価であるというメリットもあります。

医療脱毛で後悔することある?

医療脱毛によってする可能性のある後悔としては、次の2つが挙げられます。

  • もっと施術回数の多いコースを選べばよかった
  • もっと安い医療機関を選べばよかった

脱毛のコースは、基本的に施術回数の多いものほど、一回の施術料金が安いです。しかし、脱毛を経験したことがない場合は必要な施術回数を少なく見積もってしまい、施術回数の少ないコースを選んでしまいます。その結果、その回数では満足のいく脱毛効果が得られず、結局、追加料金を支払って施術を受けることになることがよくあるのです。

脱毛の費用は、医療機関によって大きく異なります。そのため、よく比較検討せずに決めてしまうと、費用面で後悔してしまう可能性が高いです。

後悔しないために知っておくべきこと!

医療脱毛で後悔しないためには、まず施術回数は多めのものを選んでおくといいでしょう。毛が完全に生えてくるまでに必要な施術回数は、思ったよりも多いです。また、時間が経つと再び生えてくることもあるため、メンテナンス用としても施術回数を多めに確保しておくといいでしょう。

また、費用については、さまざまな医療機関を比較検討してみてください。トータルの料金もですが、脱毛する部位によっても医療機関ごとに費用が変わってきます。先に脱毛したい部位を決めてから、それぞれの医療機関ごとに大まかな見積もりを出してみるといいでしょう。

そして、キャンセル料の有無が重要です。不測の事態によって施術の予約をキャンセルせざるを得なくなる可能性がありますが、医療機関によっては高額なキャンセル料が発生します。この点も、医療機関選びの際には考慮しましょう。

医療脱毛の相場は?安いところはどこ?徹底解説

医療脱毛のデメリットについて解説したので、不安は軽減されたと思います。次は、医療脱毛の料金について見ていきましょう。

医療脱毛の料金相場は、最低でも20万円程度です。場合によっては、その何倍もかかるかもしれません。基本的に、効果が高い分エステでの脱毛よりも費用は高めです。

料金は医療機関によって異なりますが、どの医療機関の費用が安いかは、どのようなニーズがあるか、どこを脱毛したいのかによって変わってきます。後ほどおすすめの医療機関を5つご紹介しますので、ぜひ比較検討してみてください。

またキャンペーンを効果的に利用するなど、施術費用を抑えるコツもあります。そのことについてもきちんと解説しますので、ぜひご覧ください。

医療脱毛とエステ脱毛ぶっちゃけどっちが安い?

医療脱毛とエステ脱毛の料金は、結論からいうと、基本的にエステ脱毛の方が安いです。全身脱毛1回の相場は、医療脱毛が約70,000円、エステ脱毛が約20,000円と大きな差があります。満足のいく毛の薄さになるまでにかかる費用も、エステ脱毛の方が安い場合があります。

ただし、毛を完全になくしたい場合、効果の高い医療脱毛をする方が費用が安く済むでしょう。そのためどちらが費用が安くなるかは、もともとの毛の濃さや、どの程度まで脱毛したいかによっても変わってくるでしょう。

実際どれくらいかかる?最低20万円から!?

全身脱毛にかかる費用としては、最低20万円ほどと見ておいた方がいいです。1回の施術は数万円程度でできますが、1回だけで満足のいく結果になることはまずあり得ません。通常は数回、数十回と施術をする必要があります。そのため、安くても20万円程度はかかる可能性が高いです。

そして20万円というのは、あくまで最低限の脱毛をする場合の話。場合によっては、100万円以上かかることも珍しくありません。脱毛にかかる費用は個人差が非常に大きいため、医療機関やエステのスタッフと予算についてしっかり話しあってください。

全身脱毛で安くておすすめのクリニック5選

全身脱毛で安くておすすめのクリニックは、次の5つです。

クリニック名 リゼクリニック アリシアクリニック フレイアクリニック レジーナクリニック 東京中央美容外科
特徴 学割が大きい 予約が取りやすい 日焼け肌でも脱毛可能 追加料金が一切かからない 全身脱毛5回が破格の値段
料金(全身5回コースで顔とVIOを除く) 26万9,800円(税込) 26万9280円(税込) 17万3,800円(税込) 20万7,900円(税込) 9万8,900円(税込)
麻酔 有料(麻酔クリーム3,300円、笑気麻酔30分3,300円) 有料(有料(麻酔クリーム3,300円、笑気麻酔1回3,300円)) 無料 無料 有料(有料(麻酔クリーム2,750~10,800円、笑気麻酔1回2,750円))
場所 全国24店舗 全国21店舗 全国10店舗 全国23店舗 全国55店舗
営業時間 10:00~20:00(休憩時間あり) 11:00~20:00 平日12:00~21:00土日祝11:00~20:00 平日12:00~21:00土日祝11:00~20:00 10:00~19:00

では、それぞれについて詳細を見ていきましょう。

こちらの「全身脱毛におすすめのサロン・クリニック11選|比較でわかった効果の期待できる人気院を厳選紹介」では、この記事で紹介しきれていないサロンやクリニックもご覧いただけます。

リゼクリニック|学割でお得に

リゼクリニックは、学生の方に特におすすめ。学割によって料金が20%OFFとなります。また、在学中に契約をすれば、卒業後も割引後の料金が適用されます。

他にもリゼクリニックは、脱毛器を4種類用意しています。それにより個人個人の肌質に合った脱毛ができます。麻酔も笑気麻酔と麻酔クリームの2種類あり、痛みを最小限に抑えることが可能です。

またリゼクリニックは全国展開しているため、転勤などで引っ越すことになっても引き続き通院できます。契約期間は5年間で、途中解約やコース未消化分の返金ができることも安心できるポイントです。脱毛中に起きることがある硬毛化(毛がかえって濃くなってしまうこと)が起きてしまった場合は、1年間で最大2回の追加施術が受けられます。

プランも豊富で、希望する脱毛部位に合わせて選ぶことが可能です。そのため、無駄のない施術が受けられます。

アリシアクリニック|予約が取りやすい

アリシアクリニックの特徴は、予約が取りやすいことです。通常医療機関で脱毛をする場合は、予約ができるのが1カ月程度先になることも珍しくありませんので、この点は魅力的でしょう。肌を露出する機会が迫っているなど、すぐにでも脱毛をしたい場合はおすすめです。

またアリシアクリニックは、「全身キレイプログラム」という独自のサービスをおこなっています。これは、アリシアクリニックの全身脱毛の新規契約を結んだ際に、オンラインフィットネスを無料で利用できるというものです。脱毛をするだけでなく、フィットネスでボディメイクをすることによって、より異性からモテる身体になります。

アリシアクリニックでは、蓄熱式脱毛器を採用しており、その中でも施術が早い機器を使用しています。そのため全身脱毛の施術時間が約30分と従来の施術時間の半分以下です。看護師も経験豊富なため、施術が速く完了します。他の医療機関と比べて、通院のストレスが少ないといえます。

フレイアクリニック|日焼け肌でも脱毛可能

通常日焼け肌の場合、脱毛をすることは難しいですが、フレイアクリニックの場合では施術可能です。なぜならフレイアクリニックでは、蓄熱式レーザーを使用しており、皮膚表面のメラニン色素が多くても問題なく施術できるためです。もともと肌が黒かったり、日焼けをしたかったりする場合でも、フレイアクリニックなら安心して通院できます。

またフレイアクリニックは、初診料、再診料、予約、キャンセル、解約手数料、剃毛代、テスト照射、麻酔などが無料です。特に麻酔は通常費用がかかるケースが多いため、これらが無料なのは魅力的でしょう。施術費用自体も他の医療機関と比較して安価であるため、料金面においてはかなり大きなメリットがあります。

蓄熱式レーザーを使用しているため、施術の痛みも弱めです。そのため、脱毛の痛みが不安な方でも安心できます。

レジーナクリニック|追加料金が一切かからない

レジーナクリニックは、施術料金以外の費用が一切かからず、料金体系が明確です。追加料金がかかるのは、コース終了後に追加で施術を受ける場合のみになります。

またレジーナクリニックは、平日21時まで診療が可能です。そのため、仕事が忙しい方でも通院しやすいというメリットがあります。転院制度もあり、進学や転勤などの引っ越すことになった際も安心です。

レジーナクリニックは、熱破壊式レーザーと蓄熱式レーザー両方を用意しています。したがって、ニーズに合わせた施術が可能です。毛深い方も、痛みに弱い方や日焼けをしている方も安心して施術を受けられます。

効果が実感できるまでの早さや、料金の安さも人気の理由です。ただその一方で、予約が取りにくいという面もあります。レジーナクリニックを利用する際は、スケジュールに余裕を持たせた方がいいかもしれません。

東京中央美容外科|全身脱毛5回が破格の値段

東京中央美容外科(TCB)は、5回で98,000円という破格の料金が最大の魅力です。通常全身脱毛は、最低でも20万円が相場であるため、非常に安い価格といえるでしょう。いきなり脱毛に高額な料金を費やすのが不安な場合は、特におすすめです。

また東京中央美容外科は、アフターサービスが充実していることも魅力。たとえば、施術の保証や返金制度、トラブル発生時の無料対応などがあります。

さらに優秀なドクターや看護師が多く在籍しており、施術の質も高いです。カウンセリングも丁寧で、これだけでも利用する価値があります。

そして誕生日特典や学割、LINEの特別クーポンなどのキャンペーンも豊富です。通うタイミングによっては、よりお得に利用できます。気になる場合は、現在どのようなキャンペーンを実施しているか問い合わせてみましょう。

料金を安く抑えるポイントは?

医療脱毛の料金は決して安いわけではありませんが、工夫をすればある程度料金を抑えられます。その方法は、次の3つです。

  • 施術回数の多いコースを選ぶ
  • 硬毛化しやすい部位を避ける
  • 複数の医療機関のキャンペーンを併用する

施術回数の多いコースを選ぶと当然トータルの料金は高くなりますが、施術1回あたりの料金は基本的に安くなります。満足のいくくらい脱毛の効果が得られるまでには想定以上の回数がかかるため、最初から施術回数の多いコースを選んだ方が、結果的に料金が安くなることが多いです。

硬毛化しやすい部位(背中〜うなじ、肩〜上腕)を避けて施術を受けることも重要なポイント。施術部位を減らせば、その分料金は安くなります。

そして、複数の医療機関のキャンペーンを利用することもコツです。多くの医療機関では、初回キャンペーンを実施しているため、施術部位によって医療機関を分けることでトータルの料金を抑えられます。

医療脱毛にかかる期間は?また生えてくる?

医療脱毛で満足のいく効果が得られるまでの期間は、平均1年程度です。毛周期に合わせた施術が必要なため、このくらいの期間はかかります。そのため、即効性があるものではないという認識は持っておいてください。

そして、毛は一度抜けてもまた生えてきます。そのため、繰り返し施術が必要です。そうすることで、毛はだんだん薄くなり、生えてくるスピードも遅くなります。

5回で終わらないって本当?

多くの医療脱毛機関では「5回コース」を用意していますが、正直5回だけの施術で効果が充分に得られる可能性は低いです。もし一時的に満足のいく状態になったとしても、時間が経てばまた毛が生えてきます。長期的に効果を持続させるためには、5回ではまず足りません。

医療機関の脱毛の効果はサロンのものよりも高いですが、それでも10回は施術を受けた方がいいでしょう。元々毛深い方の場合は、より多くの回数が必要になるかもしれません。それこそ永久脱毛を目標としている場合は、何十回という施術を受ける必要があるでしょう。

もしどのくらいの回数の施術を受ければいいかわからない場合は、プロである医療機関のスタッフに相談してみてください。多くの症例から、あなたに適切なコースを提案してくれるはずです。

永久脱毛=永久に生えてこないってことではない!?

永久脱毛という言葉がありますが、本当に一生生えてこないかというと、そういうわけでもありません。確かに医療機関の脱毛の効果は高く、効果が持続する期間も長いですが、それでも放っておけばそのうちまた毛が生えてきます。

とはいえ、生えてくる毛は本当に薄くて、気にならない程度です。施術を繰り返すほど、その効果は高くなります。そのため、多少毛は生えてくるものの、自分で簡単に処理が可能な程度です。

もし本当に毛が一生一切生えてこないような状態にしたい場合は、ニードル脱毛を選びましょう。ただし、ニードル脱毛には、次のようなデメリットがあります。

  • 料金が高い
  • 痛みが非常に強い
  • 脱毛が完了するまでに時間がかかる

これらのデメリットを許容できる場合は、ニードル脱毛の選択もアリでしょう。

何回やったらツルツルになるの?

脱毛を何回すれば身体がツルツルになるかですが、結論からいうと、本当にケースバイケースです。脱毛機器の出力によっても変わりますし、体毛の濃さによっても変わりますし、また施術部位によっても変わります。ただ、基本的には10回以上の施術が必要だと考えておいた方がいいです。

また、一度ツルツルになっても、時間が経てばまた毛は生えてきます。そのような状態になった後のメンテナンスも含めると、より多くの回数の施術が必要です。つまり、ツルツルの状態を常に維持するには、10回程度では足りないでしょう。

まとめ:まずは無料カウンセリングを受けて医療脱毛クリニックを決めよう

医療脱毛の効果があることは本当です。そのため、安心して検討してみてください。

ただし、医療機関によってさまざまな特徴があります。そのため、よく比較検討し、後悔のない選択をしましょう。

より判断の精度を上げるためには、無料カウンセリングを受けてみることがおすすめです。ネットでわかるような情報以外にも、実際に足を運んでみて初めてわかることもあるため、ぜひご検討ください。

-未分類

© erabo