Newsニュース

20年新卒内定者 第1号が誕生しました!

ビーボでは夏から20年新卒採用を行ってきました。
インターンシップの全日程が終了し、採用活動も佳境に入ってきています。

そして11月30日、ついに20年新卒内定者第1号が誕生しました!

「地球上の全員が自分らしい生き方で輝いて笑顔になる世界を作りたい」

20年新卒内定者第1号は立教大学の佐藤 明恵 (さとう あきえ)さん。
彼女は、第1回ENGINEに参加してくれた学生です。

内定後に丘の上でする挨拶はビーボの恒例行事ですが、そこで彼女は
「地球上の全員が自分らしい生き方で輝いて笑顔になる世界を作りたいです!」
と宣言してくれました。

彼女は岩手県出身で、東日本大震災の被害をダイレクトに受けました。
その際に自身の夢を絶たれる瞬間があったけれど、多くの人の支援を受けて立ち直ることができたそうです。
この経験から誰もが自分の夢を持ち、輝ける世界を作りたいと思うようになり、ビーボで実現するために入社を決意しました。

リクルーターと共に勝ち取った内定

ビーボでは学生に対してリクルーターという担当の社員がつきます。
リクルーターとは、学生の成長にコミットする社員のことです。
佐藤さんのリクルーターは新規事業開発室 QOOLの酒井。
8月に開催されたENGINEの時から約3ヶ月間コミットし続けました。

最終面接の最中そわそわして仕事が手についていなかった酒井ですが、内定が決まった瞬間社員とハイタッチをして自分のことのように喜んでいました!

ビーボの新卒採用

ビーボの新卒採用の目的は学生の成長です。
現在も、リクルーターと共に学生たちはどんどん成長していっています。
働く場所がビーボであってもビーボでなくても、学生が社会で活躍できるように社員一同コミットしていきます!