Newsニュース

19年新卒採用が本格的に始まっています

夏インタ—ンBOOSTを終え、秋冬インタ—ンENGINEが始まろうとしています。
ENGINE開始に先立ち10月20日(金)インタ—ン集客のご協力会社の方にビーボの魅力をお伝えする会が開催されました。
今回は代表の武川と昨年ENGINEに参加していた内定者3名が、ビーボの魅力や自身について話しました。

ビーボは社員で作っていく作品

「19年新卒採用かなり本気です」

まず初めに武川がビーボの新卒採用にかける思いを語りました。
そして自身について知ってもらいたいと自身の過去や〝なりたい〟について話をしました。

IMG_0097

ビーボは社員が作っていく作品。理念も社員が一から作っていて、何がなんでもそのビジョン〝なりたい〟に本気を達成させたいからこそ、そこに共感出来る本気の人と一緒に働きたいです。」と思いを伝えました。

一言目に「いいね」の文化

武川に続き、現在ビーボでインタ—ン中の内定者3名が自身の就活や〝なりたい〟について話してくれました。

IMG_4962

横浜市立大学4年生の酒井陽大。

現在情報サイトパピマミの事業責任者をつとめている酒井。

学生時代に2つのインタ—ンに携わり結果を出してきましたが、就活の際に思ったのは自身の〝なりたい〟が明確でないということでした。

そのような中でやっと見つけた自身の〝なりたい〟をビーボの社員に話した時に言われた言葉
「いいね!それ、やればいじゃん」
それがビーボに決めたきっかけでした。

そんな彼の〝なりたい〟は女性のロールモデルが増える事業作り。
現在は妊娠・出産・子育てなどのライフスタイル情報サイトパピマミの運営を通じて、自身が届けたい思いの発信をしています。

ビーボの未来にワクワクした

IMG_4966

慶応義塾大学4年生稲田誠也。

就活中に一つ決めていたのは目先の利益だけでなくお客様のために働ける会社であるということでした。
しかし、ある社会人から「お金がもらえるからここで働いている」という話を聞き、自分は将来ワクワクしながら働きたいと一層強く感じていた彼。

そのような中ビーボの社員と話し、ここでならワクワクしながら仕事が出来るかもしれないと感じビーボのファンになったといいます。

論理的思考を持つことが出来るようになりたいという彼の考えもあり、マーケティングに携わり今では大きな数字を任されています。
慣れないことにも前向きに取り組む彼の姿はまさに「ワクワクして働く」の体現者でもあります。

彼の〝なりたい〟は論理的思考を身につけ、若者の視野を広げることが出来る事業に携わること。

多くの人の応援者になれる場所

IMG_4969

立教大学4年生島津みなみ

就活中の悩みは、自分のやりたいことがないということでした。
そんな中参加したENGINEで社員から言われた「やりたいこと、〝なりたい〟を見つけるのでいいんじゃない」という言葉をきっかけに、それまで正直に自分に正直になれていなかった就職活動が変わったという。

はっきりとした〝なりたい〟はなかったが、幼少期から大学生まで続けてきたボランティアで人の幸せを応援したいとう気持ちには自信があり、ビーボの理念を見てビーボではまさにそれを叶えることが出来ると考え入社を決意。

現在はお客様と直接連絡をしながら目的達成までのサポートをしています。
自分の担当しているお客様のエピソードも笑顔で語ってくれました。
様々なお客様のサポートをする中で見つけた現在の彼女のなりたい姿は、色々な価値観を受け入れられる人。

今回ビーボの魅力を語ったのは代表と内定者3名ですが、まだまだビーボの社員それぞれが思う魅力や〝なりたい〟があります。

19年新卒採用は本格的に始まっています

ビーボの秋冬インタ—ンENGINEは11月よりスタートします。
代表の武川の言葉にもあったように「19年新卒採用かなり本気です」

10年後のビーボの未来のために、本気になれる人とビーボを作り上げていきます。