葉酸

葉酸サプリはいつまで飲む?妊娠中に摂取すべき期間や時期ごとの摂取の仕方を徹底解説

厚生労働省からも妊活中から多めに摂取することを推奨されている葉酸。

胎児の健康な体づくりに欠かせない栄養素なので、サプリメントを毎日摂取している人もいるでしょう。

しかし「いつまで飲めばいいの?」「時期によって摂取量は変わるの?」など、葉酸の摂取時期や量について正確に知らない人も多いようです。

葉酸は過剰摂取すると逆に胎児に悪影響を及ぼす可能性もあるので、大切な赤ちゃんと自分の体を守る意味でも、きちんとした知識を持ちましょう。

そこで本記事では、葉酸サプリを摂取すべき時期や期間、摂取の仕方などを詳しくまとめました

妊活中の方におすすめの葉酸サプリも紹介しているので、どの商品がいいのか悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

妊活中の葉酸サプリは何週まで飲み続ける?

基本的に葉酸は妊活中から出産後の授乳中までは多めに必要になる栄養素です。

胎児を神経管閉鎖障害のリスクから守るために、妊娠の1ヶ月以上前から葉酸を摂取するよう厚生労働省も推奨しています。

実際はいつ妊娠するか分からないので妊活をはじめた時から、毎日葉酸サプリを摂取するのがおすすめです。

また、妊娠2ヶ月~3ヶ月頃までは、神経管以外にも胎児の重要な臓器が集中して作られる次期なので、少なくとも妊娠12週目までは葉酸を十分に摂取するようにしてください

もちろん葉酸だけでなく、その他の栄養素もバランスよく摂取するように心がけましょう。

参照:厚生労働省公式サイト【神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について】

葉酸は時期によって摂取の仕方が異なる

葉酸は時期によって摂取の仕方が異なります。

  • 妊娠初期(妊娠16週未満)|日頃からサプリメントを飲んで積極的に摂取
  • 妊娠中期(妊娠16週〜28週未満)|食事で不足した葉酸をサプリメントで補う
  • 妊娠後期(妊娠28週以降)|葉酸の多い食品を選べば食事だけでも摂取可能

ここでは必要な摂取量や摂取の仕方についてまとめました。

葉酸は過剰摂取にも注意が必要な栄養素なので、ぜひチェックして正しい摂取量を守るようにしましょう。

妊娠初期(妊娠16週未満)|日頃からサプリメントを飲んで積極的に摂取

妊娠初期(妊娠16週未満)は胎児の脳や重要な臓器をつくるため、多めの葉酸を必要とします。

一般的な成人なら1日240μgの葉酸で足りますが、妊娠中は240μgプラス400μgが必要です。

そのため、日々の食事だけでは必要な葉酸を確保できないため、この時期はサプリメントなどを積極的に活用することをおすすめします。

妊娠中期(妊娠16週〜28週未満)|食事で不足した葉酸をサプリメントで補う

妊娠中期(妊娠16週〜28週未満)は、通常の240μgにプラス240μg程度の葉酸が必要になります。

妊娠初期に比べると少ないですが、一般的な成人の倍は必要になるので食事のみでは難しい場合もあるでしょう。

そのため、葉酸の多い食材を積極的に毎日の食事に取り入れながら、不足する分をサプリメントで補うという形がおすすめです。

妊娠後期(妊娠28週以降)|葉酸の多い食品を選べば食事だけでも摂取可能

妊娠後期(妊娠28週以降)は、通常の240μgにプラス100μgの葉酸の摂取が推奨されています。

つまり、1日あたり340μg程度を摂取できればよいので、葉酸が多めの食材を選べば食事のみでも十分対応が可能です。

ただ、お腹も大きくなってお母さんの体への負担も大きくなる時期でもあるので、食事にあまり気を使えないという方は補助的にサプリを利用してもよいでしょう。

葉酸サプリを飲むタイミングはいつがベスト?

葉酸サプリはあくまで食品であって医薬品ではないため、飲むタイミングに決まりはありません。

ただ、効率的に栄養を吸収できるタイミングはあります

  • 食間|効果的に摂取できる
  • 食後|胃腸に負担がかからない

ここではおすすめの飲むタイミングについて詳しく解説します。

葉酸サプリの摂取を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

食間|効果的に摂取できる

葉酸を効果的に摂取できるもっともおすすめのタイミングは、食事と食事の間の空腹時です

胃の中に何もない状態だと、サプリの成分が血中に吸収されやすくなるので効率よく栄養を摂取できます。

また、就寝前の空腹時でも肝臓の血流が低下するため、効率的に栄養を摂取できる最適なタイミングといえるでしょう。

食後|胃腸に負担がかからない

葉酸サプリを効率的に摂取するには、胃の中が空っぽの食間が最適とされていますが、胃腸が弱い方にはあまりおすすめできません。

胃腸が弱い方は、胃液の分泌が少ない空腹時にサプリメントを服用すると、錠剤が溶けにくいので胃に負担がかかります。

胃痛を起こす原因になる危険性があるので、胃腸が弱い方は食後30分までに摂取するようにしましょう。

妊活中の方におすすめの葉酸サプリ3選

ここでは妊活中の方におすすめの葉酸サプリを3つ紹介します。

  • 第1位:ベルタ葉酸マカプラス(BELTA)|夫婦で飲める栄養バランスの取れたサプリ
  • 第2位:mitas(natural tech)|15種類の和漢素材配合で温活もできる
  • 第3位:エレビット(バイエル)|産婦人科医も推奨する高い信頼が魅力

いずれも口コミでも評判のサプリメントばかりなので「どれがいいのか分からない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、葉酸サプリの摂取を検討したい方のために、「【売れ筋】葉酸サプリのおすすめ辛口ランキング13選|妊娠中に人気の市販で買える高コスパなサプリメントを紹介」でもおすすめの葉酸サプリを詳しく紹介しています。

第1位:ベルタ葉酸マカプラス(BELTA)|夫婦で飲める栄養バランスの取れたサプリ

画像引用:公式サイト

約40万人以上の妊活をサポートした実績を持つBELTAのベルタ葉酸マカプラス。

400μgの葉酸と日本産マカ、超吸収型のイソフラボン、29種類のビタミン、18種類のアミノ酸など豊富な栄養がバランスよく配合されています。

小粒でつるんと飲みやすいカプセルなので、錠剤を飲むのが苦手な方にもおすすめです。

男性も飲める葉酸サプリなので、妊活をはじめるご夫婦で一緒に摂取するのもよいでしょう。

内容量 90粒/30日分
含まれる主な栄養素 葉酸鉄カルシウム
メーカー希望小売価格 通常価格6,980円初回1,980円(2回目以降は35%割引で4,480円)
1日あたりのコスト 53.3円(初回)
公式サイト https://belta.co.jp/goods/maca/

こんな人におすすめ

  • 妊活に必要な栄養バランスの取れたサプリを探している
  • 無添加処方で安全性に配慮された商品がいい
  • つわり中でも飲みやすいサプリを探している

ベルタ葉酸マカプラスは公式サイトから注文すると大変お得です。

6カ月お届けコースなら通常価格6,980円が初回限定71%割引で1,980円、2回目以降は35%割引で4,480円

夫婦で妊活コースなら90粒/30日分×2袋が初回特別価格3,980円、2回目以降42%割引で7,980円です。

コースならすべて送料無料なので、ベルタ葉酸マカプラスに魅力を感じた方は、ぜひ公式サイトから注文しましょう。

今すぐお得に購入する

第2位:mitas(natural tech)|15種類の和漢素材配合で温活もできる

画像引用:公式サイト

mitas(natural tech)は、時期ごとに変わる女性の体に合わせて必要な栄養素を配合した全3種類のサプリメントです。

妊活期・妊娠期・授乳期で変わる不足しがちな栄養を補えるので、いろいろ考えながらサプリを飲むのは面倒という方に向いています。

妊活期に必要な栄養が配合されたMitas(ミタス)なら、温活効果のある15種類の和漢素材も配合されているので基礎体温に悩みある方にもおすすめです。

また、錠剤はセラミック加工がされた業界最小レベルなので、つわり中でも無理なく飲める点も魅力です。

内容量 120粒/30日分
含まれる主な栄養素 葉酸 / ヘム鉄
メーカー希望小売価格 通常価格8,618円初回4,298円(2回目以降は38%割引の5,378円)
1日あたりのコスト 143円
公式サイト https://brands.naturaltech.jp/mitas-series/lp/

こんな人におすすめ

  • 妊活〜産後の時期ごとに必要な栄養素を摂取したい
  • 安心できる国産のサプリを探している
  • 温活を取り入れたい

公式サイトならmitas(natural techシリーズ)が大変お得に購入できます。

初回は通常価格8,618円が割引価格の4,298円、2回目以降は38%割引5,378円で送料も無料です

定期購入には回数縛り等はないので、発送10日前までに連絡すればいつでも解約できます。

初回は15日間返金保証も付いているので、mitas(natural tech)を試してみたい方は、ぜひ気軽に申し込んでみましょう。

今すぐお得に購入する

第3位:エレビット(バイエル)|産婦人科医も推奨する高い信頼が魅力

エレビット(バイエル)

画像引用:公式サイト

全国約3,000箇所の医療機関での取り扱われている産婦人科医も推奨するエレビット(バイエル)。

葉酸800μg、鉄21.5mg、カルシウム125mgをはじめ、豊富なビタミンとミネラルを配合し、妊活・妊娠中の体をしっかりとサポートしてくれます。

小粒のフィルムコート錠で無味・無臭なので飲みやすい点も魅力です。

製薬会社ならではの厳しい品質基準で、日本国内で開発・生産されているので安心して摂取できます。

内容量 90粒/30日分
含まれる主な栄養素 葉酸 / 鉄 / カルシウム
メーカー希望小売価格 単品4,500円定期購入10%割引4,050円
1日あたりのコスト 単品150円・定期購入135円
公式サイト https://www.elevit.jp/

こんな人におすすめ

  • 葉酸が高配合されたサプリがいい
  • 信頼できる専門医がすすめる葉酸サプリを探している
  • 無味・無臭で飲みやすい錠剤を探している

エレビット(バイエル)はAmazonや楽天などでも取り扱われていますが、お得に購入したいのなら公式サイトがおすすめです。

公式サイトなら定期購入が選べるので、通常価格4,500円が10%割引の4,050円で購入できます

単品・定期購入のどちらも送料は無料なので、他のサイトで購入するよりお得です。

人には聞きにくい妊活や妊娠中の悩みをLINEや電話で相談できる、妊活コンシェルジュサービスも利用できます。

サプリの種類が多すぎてどれを選べばいいのか分からない方は、産婦人科医も推奨するエレビット(バイエル)を検討してみてはいかがでしょうか。

今すぐお得に購入する

葉酸を食事で摂取したい方に!葉酸が豊富な食品3選

フルーツと野菜

葉酸は普段の食事からでも摂取できる栄養素です。

  • 鶏レバー|1食あたり約30g/約390μg
  • ほうれん草|1食あたり約50g/約55μg
  • ブロッコリー|1食あたり約60g/72μg

ここでは葉酸が豊富な食品3種類と葉酸を保つ調理法を紹介します。

可能な限り食事から葉酸を摂取したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

鶏レバー|1食あたり約30g/約390μg

鶏レバーは100gあたり1300μgの葉酸含有量を持つ大変優秀な食材です。

1食約30gの鶏レバーを食べれば、葉酸を約390μg摂取できるので、妊活中に必要な640μgもあっさり摂取できるでしょう。

ただ、鶏レバーは傷みやすい食材なので、すぐに食べない場合は加工して冷凍保存したほうが安心です。

冷凍保存する場合

  1.  鶏レバーを沸騰したお湯で10分ほど茹でる
  2.  水を加えて鶏レバーの血や脂肪などを取り除く
  3.  鶏レバーの水気を切り、一口大に切る
  4. 冷凍用の保存袋に入れて平らにし、空気を抜いてから冷凍する

冷凍庫で2週間程度は持つので、妊活・妊娠期で葉酸をしっかり取りたいときに便利です。

しかし、鶏レバーはビタミンAも100gあたり14000μgと豊富に含むため、あまり過剰摂取するのはおすすめできません。

鶏レバーを日常的に食べる場合はビタミンAの耐容上限量にあたる2700μg/日(18歳以上・女性の摂取量)を超えないように注意しましょう。

ほうれん草|1食あたり約50g/約55μg

ほうれん草も100gあたり210μgの葉酸を含む優秀な野菜です。

料理方法のレパートリーも多く食べやすい野菜なので。お浸しや炒めものなどに利用して積極的に食事に取り入れると、1日に必要な葉酸摂取量を補えるでしょう。

ちなみに葉酸は水溶性ビタミンなので茹でると溶け出て摂取できる量が減ります。

そのため、調理する場合は炒めものにしたり、電子レンジで加熱したりするようにしましょう。

冷凍保存する方法

  1. ほうれん草の茎と葉を切りわける
  2. 耐熱皿にほうれん草と1/2カップの水を入れ、ふんわりラップをかけて2分ほど加熱
  3. 冷水でほうれん草のアク抜きを素早く行い、すぐに水気を切る
  4. 使いやすい大きさに切り、ラップで小分けにしてから保存袋に入れて冷凍する

冷凍保存すると3週間はもつので、まとめて下処理をしてストックしておくと便利です。

調理する場合は凍ったまま汁物やフライパンで蒸し焼き、冷蔵庫で解凍など自由に使えます。

ブロッコリー|1食あたり約60g/72μg

生のブロッコリーは100gあたり210μgの葉酸含有量を持っています。

ほうれん草と同様に茹でると栄養が流れ出てしまうため、電子レンジでの調理がおすすめです。

ブロッコリーの場合は、生・加熱のどちらでも冷凍保存はできますが、食感が落ちるのでスープやフライパンでの蒸し焼きなどの料理に向いています。

食感を保って保存したい場合は、キッチンペーパーで優しく包み、ラップで覆って冷蔵庫に入れましょう。

3日~4日くらいは保存できるので、なるべく早く調理するようにしましょう。

まとめ 葉酸サプリを活用して良い妊活を

葉酸は妊活・妊娠中の人にはとくに大切になる栄養素です。

  • 妊娠初期(妊娠16週未満)|日頃からサプリメントを飲んで積極的に摂取
  • 妊娠中期(妊娠16週〜28週未満)|食事で不足した葉酸をサプリメントで補う
  • 妊娠後期(妊娠28週以降)|葉酸の多い食品を選べば食事だけでも摂取可能

とくに妊娠初期の頃は胎児の脳や重要な臓器をつくために多くの葉酸が必要になるので、サプリメントも利用して上手に葉酸を摂取するようにしましょう。

妊娠後期になると通常必要な240μgにプラス100μg程度の葉酸を摂取すればよいため、食事のみで補うことも可能です。

葉酸含有量が多い食材を上手に取り入れて、必要な葉酸量を確保するようにしましょう。

葉酸サプリの商品選びで迷ったら、今回紹介した商品も、ぜひ参考にしてみてください。

-葉酸

© erabo