2018年6月

全社総会〜第8期4Qキックオフ〜を開催致しました

6月8日(金)株式会社ビーボ全社総会〜第8期4Qキックオフ〜を開催致しました。


ビーボでは四半期に一度全社総会を開催しています。全社総会開催の目的は2つ「理念浸透」と「全社員が同じ視界を共有すること」です。


「理念浸透」
総会を通して改めて〝なりたい〟に本気とはどのような状態なのかを全社員が理解し、日々一人ひとりがどういったアクションを起こしていくか意識づけしていく状態になります。

「全社員が同じ視界を共有すること」
多角期に入り新規事業も立ち上がってきている今、全社員が同じ視界・目標を改めて共有することで次のチャレンジを促すことにつながります。




2018年6月で海外支社もあわせ社員数が90名を超えているビーボ。
社員が一同に集まれる機会は少なくなってきている今、1回1回の総会が非常に重要な場となってきています。


総会では、事業部毎に前Qの振り返りと6月からのチャレンジや取り組みについて共有がおこなわれます。 新規事業からの発表もあり、過去一番多くの部署からの発表が行われました。


メーカー・EC事業部 より多くのお客様に向けて

マーケティング Div.からは今年初の試み、ポップアップショップなどリアルプロモーションについての報告と4Qのチャレンジについて共有がありました。



3Qではポップアップショップやガールズアワードへの出展などリアルな場所でのプロモーションがおこなわれました。新たなお客様との出会いもそうですが、すでにビーボやBELTAを知ってくださっている方との接点となり、記憶に残るようなものとなりました。


さらに4月から全国で放映されているベルタ葉酸サプリのCMを経てどのような変化があったのかについての報告も。 CMによる変化を目に見える形で実感出来る場となりました。


6月からも現在人気上昇中の著名人とのタイアップについての話もあり、社員からは驚きの声もあがっていました。




さらにCRM Div.からの共有では3Qの予算を全て達成したことが報告されました。 CRM Div.の全チームが目標を達成することができたのは初の快挙で、改めて普段お客様の目的達成を考え向き合うCRM Div.に全社が圧倒されていました。


さらにCRM Div.の役割は電話やメールでお客様とやりとりをすることではなく、〝なりたい〟に本気のお客様の目的を達成させるために「ファンづくりのためのマーケティング」を行うDiv.である、と全社再度認識統一をする場となりました。




メディア事業部 先を見据える

メディア事業部からの報告では、メンバーも増えた今新たな体制で今後メディア事業部をどう成長させていくのか、その方向性が明示されました。




既存メディアである「パピマミ」のコンセプトを新しくすることが発表されました。
これまでは”私時間をもっと楽しく。家族をもっと笑顔に”というテーマに沿って子育てをするママ向けの情報が中心となっていましたが、今後は新コンセプト〝子育てのひとりごとをふたりごとに〟を掲げ子育ては一人でするものではなく二人でするものであるというメッセージを発信し、二人での子育てを応援するメディアにしていきたいという思いを語りました。


さらに5月末より走り出した新メディア「QOOL」の報告も。




新メディア「QOOL」は「QUEST(追求する)」×「COOL(かっこよさ)」という意味合いで、「働きたい、でも家庭も持ちたい」という悩みをもつ女性に対し、生き方の提案を行なっていくメディア。
実際に家庭を持ちながら働く女性へのインタビューコンテンツも広げる予定で、キャリア形成における女性自身のロールモデルとなる人材やそれを後押しする環境を生み出す企業やナレッジについてのメッセージも伝えていきます。
さらに今年中に動き出すさらなる新事業とのつながりも共有され、今後のさらなる可能性を見据えたメディアや新事業に期待が高まりました。



美活部事業部 これまでにないワクワクを

美活部は「なりたいカラダずっと続く」というコンセプトの元、美を求めるユーザーのなりたいを叶えるサービスを企画推進する新事業。


美活部事業部からは、3Qの末にこれまでに考え抜いてきた企画が一度白紙になるという事態があったとの衝撃報告。ビーボの強みであるサポートの部分やよりお客様にフォーカスした物を考えきれていないのでは、ビーボがやるからには妥協のないものを作りたいということから白紙に至りました。そろそろ形になってきているという報告を受けていた会場からはザワつきも。




しかしその後、テクノロジーを駆使した今だかつてないアイデアが共有され、ビーボの理念クレドにもある「神は細部に宿る」「チャレンジ」という言葉の通り、何度でも妥協せずに追求しチャレンジし続けるこだわりが感じられました。


今後の美活部のサービス展開まで乞うご期待ください!



ベルタ海の家 伝線する熱

毎年由比ヶ浜を賑わすベルタ海の家、もちろん今年もやります!ということで、その責任者である山城ゆかりから海の家の進捗報告も。今年は、今後の事業化を見据えビーボの社員が企画から運営まで全て1から携わりました。


今回海の家の運営者として自ら名乗り出た山城。「グアム・サイパンでビジネスをしたい」という自らの〝なりたい〟姿につながっているベルタ海の家にかける思いや覚悟が伝わってきました。
また今回その機会を与えてくれた会社には感謝しかないと、その思いも強く語ってくれて、山城の熱量に全社も前のめりで発表を聞いていました。


海の家の詳細については追ってこちらのinformationで随時更新していきますね!





HR Div 新卒採用報告 未来を担うビーボの卵

HR Div.の報告では19年新卒採用が過去最高の採用人数であることが伝えられ、凄まじい勢いでビーボが拡大していることが感じられました。


ビーボの新卒採用ではリクルーターや面接官として多くの社員が関わっており、まさに全社を巻き込んでの採用活動が行われています。
その結果現在、20年新卒内定者数は14名と過去最高の内定者がすでにビーボにジョインしています。
なぜビーボがここまで新卒採用に力を入れているのか、が改めて全社に発信されました。





社長室 100名の組織になる時

社長室からは、会社の目指す姿に向かうために全社員一人ひとりが自分事として何が出来るのかというメッセージが発信されました。


人数も増え、新事業も立ち上がり拡大をし続けているビーボ。
組織としての課題はまだまだあるのが現状です。


発表の中では皆で今ビーボが抱える課題とその原因について話す時間も設けられ、〝なりたい〟に本気な組織になる上で今社員一人ひとりがどう行動し何をすべきかを全員で考える時間となりました。





ボディ領域のスペシャリスト集団

毎回総会の度に全社員が待ち構えている表彰式。 今回は最も会社や周囲䛾メンバーに好影響を与え目標達成に尽力したチームに送られるBBT(ベスト・ビーボ・チーム)の発表がありました。


四半期に1回の表彰で全チームが緊張する中…
選ばれたのはCRM Div.のベルタボディチーム。





ベルタボディチームは前Qの体制変更で誕生した結成3ヶ月目のチームでした。
普段BELTAのボディ領域のお客様の目的達成のためのカスタマーサクセスを行っています。


リーダーの堀裕子は受賞コメントで「今回の受賞はチームで勝ち取ったもの。チーム内での競い合いも激しかった笑。そんなチームだから目標を超えての達成を果たすことができた。」とそのチーム力についてエピソードも交えながら話しました。


しかしその一方で、「ボディ領域のお客様でまだまだ〝なりたい〟を叶えられていないお客様はたくさんいらっしゃいます。それを考えるとまだ私たちの目指すところは達成できていません。今後やるべきことはたくさんあります。」と課題感も口にしていました。





代表メッセージは”2分間”

総会の締めのメッセージは代表武川より。
12月のプチ総会での代表メッセージが60分を超えていたのに対し、今回の代表メッセージの時間は2分間という短い時間でした。
そこで伝えられたのは「社員それぞれが組織・事業を語れるようになり心強いです。僕はさらに先のことを考えることが出来るようになります。」ということ。


さらに全社員へ一言。
「一年前、二年前と同じことやっていませんか?」


同じことをやっていても量と質があります。ビーボには「現状維持は最大の衰退!!」という言葉があります。
2分間という短い間の中で改めて全社員一人ひとりが自分を見つめ直し考えさせられました。



8期目最後の総会

毎年4回実施される総会。
回数を重ねるごとに人が増え、まさに全社の目線を統一するために必要不可欠な場となってきています。


今後も全社員が同じ視界を共有する場としてより意味のあるものにしていきます。

次の総会は9期目のキックオフという大きな意味のあるものとなります。
9期目のビーボを迎えるにあたり今回の総会で見えた課題感・感じたことを忘れずに目線をあげて4Qチャレンジし続けます。


19年新卒内定者紹介vol.3

ご無沙汰しております。19年新卒内定者vol.2に引き続き今回vol.3もゆきぽんこと仲村幸也がご紹介させていただきます。恐縮です。笑


今回も19年新卒内定者4名に
【ビーボに決断した理由】
【ビーボでどうなりたいか】
【内定者から見たビーボ】
についてお話を伺ったので、こちらでご紹介していきます!
それでは早速いきますよ〜

篠原保代(ほのぴ)

The 自由人。
4月内定。現在インターン中。

がんばる人を応援したい

彼女がビーボに決断した理由は、「がんばる人を応援したい」という想いをカタチにできると思ったからです。


彼女は大学時代ボランティアや地方の空き家リノベーション、ワーキングホリデーをしにカナダへ行ったりと様々なことに取り組んできました。とにかくやりたい事には即行動。充実した大学生活を送っていたといいます。


彼女が自分のやりたいことに挑戦できた背景には、母子家庭にも関わらず何に対しても応援してくれる母親の存在が大きかったそうです。


就職活動で自己分析を行い、今まで自分のやりたいことをしてこれたのは周囲が否定せずサポートしてくれたおかげ。
今後は自分が頑張る人の役に立ち、母親のような生き方を体現したいと思うようになりました。


そのため就活軸も利益追求だけではなく「想い」をもって経営しているところがいいと感じ、企業を見始めた時にビーボに出会ったそうです。


彼女はビーボ主催の2Daysインターン「ENGINE」に参加し、社員の本気さと目的のための手段はなんでもいいという考え、想いを大事にしている部分に共感し「ここでなら自分の想いをカタチにできるかもしれない」と感じたのが決め手だそうです。

ビーボでどうなりたいか

がんばる人を応援できる人になりたい。
まだ具体的に何も決まっていないが、応援できる範囲を広げたい。

内定者からみたビーボ

一人ひとりがこれからのビーボをつくっているという感じがあり、自分もその一員だと思うとワクワクします。 チャレンジ、改善をスピード感もって実行しているため毎日が新しいです。

小林みずほ(みずぽん)

エンターテイナー。様々な肩書を持つ。
4月内定。現在インターン中。

ビーボの人たちと働きたい

彼女がビーボに決断した理由は、ビーボの人たちと誰かの〝なりたい〟を目指したいと思ったからです。


彼女は小さい頃から友達を笑わせることが大好きで、目の前の人に笑顔や感動を与えるためにミュージカルを5年間続けていたそうです。


しかし、人を笑顔にしているだけで本質的な部分に影響を与えられているわけではないと感じ、自分に自信を持てなかったそうです。


大学入学後はただエンターテイメントを提供して人を笑顔にするだけでなく、その人の人生に向き合った上で笑顔を生み出したいと思い、海外インターンシップを運営する学生団体に所属しました。学生団体の中では、目の前の人の個性や人生に寄り添い”笑顔”を追求していこうとしていたそうです。


学生団体の活動を通し自分らしく向き合った結果目の前の人が変わっていく姿を見て、自分の自信に繋がったといいます。
そこで今度は、人生に寄り添うだけではなく、誰かの人生に大きく関わる存在になりたいと考えるようになったといいます。


そんな時ビーボと出会い、ビーボのビジョン〝なりたい〟に本気に共感し、このビジョンに向かって活躍している人たちと誰かの〝なりたい〟自分の〝なりたい〟を目指したいと強く思いました。
何よりもメンターの存在が大きく、メンターと一緒に働きお互いの〝なりたい〟姿を高め合っていきたいと思えたのがビーボへの決め手だそうです。

ビーボでどうなりたいか

人に自信を与えられる人間になりたいです。
自分の個性や強みを見出し、失敗経験や成功経験を自分の血肉にし自信を抱ける人を増やしたいです。

内定者から見たビーボ

個性や一人ひとりが感じていることを尊重してくれる会社だと思います。
何か言いかけてやめても「教えて」と親身になって聞いてくださり、「もっとみずぽんらしさ出していこう」とフィードバックしてくださいました。また面談でも丁寧に話を聞いてくださったり、、、など!他者を尊重し合う文化が素敵です!

岩崎温子(あつぽん)

小説家。
5月内定。現在インターン中。

圧倒的共感を作る

彼女がビーボに決断した理由は、人と本気で向き合うビーボで「圧倒的共感」を作りたいと思ったからです。


彼女のこれまでの人生は「自分だけにしかできないこと」を探し続けていた人生だったそうです。


人とは違う何かや人よりも優れている才能を求めて「小説」を書き始めたそうです。しかし自分より文才のある人や発想力が優れている人もたくさんいて、自分のちっぽけさ、非凡さを常に感じていたといいます。


しかし、就職活動を通してビーボに出会い、私にとって本当に大切なことは「自分にしかできないこと」でも、圧倒的な文才でも、発想力でもなく、「人に共感し、共感されること」だということに気づきました。


人に対して本気で寄り添い向き合っている会社であることを感じ、人と本気で向き合うビーボで「圧倒的共感」を作りたいと思ったのが決め手だそうです。

ビーボでどうなりたいか

圧倒的共感を生み出せる人間。向き合ったお客様に共感し、この人は私を一番理解してくれていると思われるくらい本気で寄り添える人。
そして圧倒的共感により人を惹きつけたり心を動かすような何かを作り出せる人間になりたい。

内定者から見たビーボ

全員が理念に共感してるからこそ、会社全体として上を向いている。一人ひとりが本気で向き合っていて、本気でなりたいを応援してくれる会社だと思います。

前田日夏 (にちか)

全力娘。
5月内定。現在インターン中。

何に対しても本気

彼女がビーボに決断した理由は、何に対しても本気で取り組めると思ったからです。


彼女はこれまで自分の好きなことにはとことん熱中し追求してきたそうです。


音楽が好きだったため、吹奏楽や軽音楽部に所属し、中学生の頃からジュニアリーダーの活動をしていたと言います。大学生からはシニアリーダーや研修の講師を任され、自分の好きなことや任されたことには本気で取り組んできました。


しかしその一方で苦手なことは避け続けてきたといいます。


ビーボのメンター面談では、自身のことや将来の働き方などをたくさん話し、その上でやりたいことやなりたい姿を引き出してくれました。これほど学生のことを考えてくれる会社は他にないと感じたそうです。


また、面接時に関わって下さった社員の方や武川さん(弊社代表取締役社長)が本気で向き合って下さる姿に、ここであれば何に対しても本気で取り組めると思ったのが決め手だそうです。


ビーボでどうなりたいか

周囲の人に影響を与えられる人間になりたい。特に気持ちの面で。元気がなかったら、前を向くことが出来るような何かを出来る人。 こんな人になりたいと言われる人間になりたい。
女性のライフイベント(結婚、妊活、子育て)を経験してもバリバリ働きたい!!

内定者から見たビーボ

リクルーターの方からスピード感のある会社と聞いていましたが、予想をはるかに超えるスピード感です。
内定者インターンにも関わらず大きな仕事を任せていただけるので、社会人になるまでに圧倒的に成長できる会社だと思います。

採用にかける思い

19年新卒内定者は親しみを込めてあだ名をつけあっているみたいですね。笑
今回はこちらの4人のビーボに対する熱い思いをご紹介しました。

これまでご紹介してきた19年新卒内定者は早速ビーボで内定者インターンとして活躍しています。

次回vol.4でも19年新卒内定者を取り上げていきます。
ここまでお読みいただきありがとうございました。


【19年新卒内定者紹介記事】

→19年新卒内定者紹介vol.1はこちら
→19年新卒内定者紹介vol.2はこちら

to be continued..

青い蜂ニュースで日本一盛り上がる会社ココにあり

昨日、各局報道・ニュース番組で取り上げられたビックニュースを皆さんはご覧になられましたか?


新種の「青蜂」を発見 マダガスカルに生息(yahoo!ニュース)
宝石のように輝く青い蜂
マダガスカルに生息!青い蜂!


以下yahoo!ニュースより



アフリカ大陸の南東にある島国、マダガスカルで新種の青い蜂が見つかったそうです!なんと新種発見は30年ぶりとのこと。その姿は宝石に例えられるほど美しく、今回発見した九州大学の三田敏治助教によると青い蜂の飛ぶ様子は彗星のごとく速かったといいます。

(画像:yahoo!ニュースより)

青い蜂ニュースで日本一盛り上がっている会社ココにあり

今回のこのニュースを見て日本で一番盛り上がっている会社がココにあります!
そうです。「株式会社ビーボ」です。


社名ビーボ(Bbo)の名前の由来は、
「Blue Bee One」
まさにBLue Bee=青い蜂!

Blue Bee Oneとは…

「一人一人に存在する幸せの道をつくる 幸せを運ぶブルービー(青いミツバチ)のように」というビーボの掲げるミッションです。
幸せというのは一人ひとり違うもの、その捉え方も違ければ感じる場面も違います。
そんな一人ひとりにある幸せを運ぶというのがビーボの存在理由であると考えています。(ビーボのロゴにもハチが隠れています)


この青い蜂は、日本ではなかなか目にすることが出来ないと言われその希少性から幸せを運ぶ蜂と言われます。
普段から青い蜂のように、世の中に幸せを運ぶことをミッションとしている私たちビーボ社員は、同族である「青い蜂」のニュースには誰よりもいち早く反応しました。


早速朝一番で一人の社員が「青い蜂」のニュースを共有。社内全員大盛り上がりです。「幸せを運ぶ青いハチ」になるべく集まったビーボ社員だと実感したのでした。

第2の発見者になる可能性あり

実は先日…代表の武川が急に一言。
「青い蜂捕まえてきてよ^^」


社内皆「えっ…」と固まっていた矢先、今回の青い蜂発見ニュースだったのです。なので実は先を越された感がありました(勝手にですが)。
社名・ミッションに「青いハチ」を背負っている以上、ビーボが第2の発見者にならねばと思っています。


いつか遠い島国マダガスカルへ…というのは難しいかもしれないですが今後乞うご期待ください。
(発見してもしなくても)今後、ビーボはミッション「Blue Bee One」を胸に世の中に幸せを運ぶ企業であり続けます。
青い蜂発見したよ!という目撃者の方からの情報もお待ちしております!