ベストモチベーションチームアワードを受賞致しました

2018年3月6日(火)弊社のCRMDiv.あさがおチームがベストモチベーションチームアワードを受賞致しました。

ベストモチベーションチームアワードとは

企業と従業員の相思相愛度合いを示す『エンゲージメントスコア』の上昇や、組織改善に向けた取り組みによって、組織の変化が見られた部署を表彰する年に一度の祭典。

同じゴールを目指し一人ひとりが自ら行動するチーム作り

ベストモチベーションチームアワードでは、エンゲージメントスコアの高い約1000部署の中から36の部署が入賞。
今回その中の一部署として弊社のCRMDiv.あさがおチームが選出されました。


CRMDiv.はEコマース・メーカー事業において既存のお客様をマーケティングをしていく部署です。サービスに対するお客様の動向の分析や、お客様の目的達成までを直接サポートしています。


あさがおチームはそのCRMDiv.の中にいくつかあるチームの一つ。
昨年の12月にはBBT(ベストビーボチーム)というビーボにて最高峰のチームを決める賞を受賞しました。


今回ベストモチベーションチームアワードにおいてあさがおチームは
『同じゴールを目指し一人ひとりが自ら行動するチーム作り』と、改善の取り組みやその結果の変化を評価していただきました。


遠慮をなくしたチーム

今から約5ヶ月前…CRMDiv.内での異動によりあさがおチームにおいてもメンバーの入れ替わりがありました。


あさがおチームリーダーの新井静香さんは当時を振りかえり「あさがおチームのメンバーは、全員が自部署CRMdiv.の使命『お客様の目的を達成させること』に対しての共通認識は持てていたものの、チーム内では以前のチームでの動きをしてもよいのか?お互いの指摘し合っても良いのか?といった遠慮や戸惑いがありました」と話していました。



その時にあさがおチームが実施したのが、サーベイ(組織診断)の結果を元にチームとして目指す姿や一人ひとりの役割を共有することでした。
メンバーの結束を高めるためにお互いの過去を共有し合う時間を設けたり、一人一人の目標を共有しどのようにすれば達成出来るのかを議論し合う内に、お互いへの遠慮がなくなり目標達成のためであれば厳しいことも言い合えるようなチームになりました。


あさがおチームのメンバーも
「お互いのことを知ってからは、チーム内でのコミュニケーションが活発になりましたね。嬉しいことつらいこと全部発信・共有していました。ちょっとでも目標達成に近づいたら皆で喜んで、一人が苦戦してたら皆がそれをどうすれば達成出来るのか考える、というチームでした。」とあさがおチームのチーム力についても語ってくれました。


その結果2017年12月には見事BBTを受賞しビーボの最高峰のチームとしての座を手にしました。


CRMDiv.ではBELTAブランドにおいて2018年の3月より、より良い価値提供のためにチーム編成を商品のラインごとに変更しましたが(ベルタボディ、ベルタマタニティー、ベルタヘアー)チームが変わってもそれぞれが目指すものは変わずに日々動いています。

良い成果は良いチームから

良い成果は良いチームから、代表の武川が常に言っている言葉です。


組織の状態は結果に反映されます。
だからこそ会社としても組織をつくることを第一優先に考え、各チームでもチーム作りにこだわります。
私たちビーボでは今後も、事業モデルではなく組織や人の力で勝つ組織として大きく変わっていきます。