IMG_4317

『パピマミ』取得のお知らせー事業責任者(内定者)にも話を聞いてみましたー

2017年9月14日(木)株式会社ビッグリボンより『パピマミ』を事業取得を行ないました。


『パピマミ』は20代後半〜40代のママに向けた妊娠・出産・子育てなどのライフスタイル情報サイトになります。
================
PV:約520万PV/月
UU:約235万PV/月
================
専門家やママライターによる記事は10000記事以上。
“コト”を届け、今後一人でも多くのお客様の〝なりたい〟を達成するためのメディアとしてビーボでの運営が始まりました。


IMG_3972

ビーボでは全ての事業活動は〝なりたい〟に本気というビジョン実現のために行なわれています。
今回のパピマミの事業取得の背景には、お客様の〝なりたい〟はもちろん、ビーボ社員の〝なりたい〟もありました。


現在『パピマミ』の事業責任者を務めているのは18卒内定者、酒井陽大(横浜市立大学4年生)。

IMG_2442

パピマミの事業責任者となったのは9月2日の総会の時。
本人も知らされておらず、サプライズ発表でした。
今回はパピマミの事業責任者として毎日奮闘している酒井君に、パピマミにかける想いを聞いてみました。

サプライズでの事業責任者任命

ー「酒井と呼んで下されば何でもする存在でありたい。」と皆の前で総会の時に語ってくれた酒井君。いきなり事業責任者に任命された時の気持ちを教えて下さい。


全く知らされてなかったので、本当にびっくりしました!
不安かワクワクで言うと圧倒的にワクワクですね。
内定者である自分に一つの事業を任せてもらえて「やらなければいけない」という気持ちもありますが、それ以上に「やりぬきたい」という思いがあります。
ここで結果を出せれば次のチャレンジが、結果を出せなければ実力不足というわかりやすい状況だからこそ、絶対にやりぬきたいと思っています。


ー9月から事業責任者として、今は一人で進めている状態だけど、どうですか?


正直とても大変です。
過去にメディアのライターをやっていたことがあるけど、こんなに大きな規模のメディアはやったことがないです。
今は少し記事を書いたり、その確認をする仕事もあるのですが、まさに自分の一番課題である神細(ビーボのクレドの一つ、神は細部に宿る。細かい部分にこだわり、何度も確認することで高い不可価値を生み出すこと)の部分が求められるんです。
細かい部分を何度も丁寧に確認することが重要になってきます。
今回自分の苦手なところを克服出来るチャンスだと思っていますがまだまだ慣れないですね。


ー酒井君にとって苦手な部分を克服出来る良いチャンスになっているのですね。
パピマミをどのようにしていきたい、などの想いはありますか?


あります。
でも、その前に僕のビーボでの〝なりたい〟から話させて下さい。笑


ーぜひ!聞かせて下さい!


IMG_4314
自身の〝なりたい〟とパピマミにかける想い

ー酒井君の〝なりたい〟は?


僕の〝なりたい〟は「活躍する女性のロールモデルを社会に増やす人」です。
ビーボって女性が多いですけど、中には結婚して、目指すところに向かってバリバリ働いている人もいますよね。まさにそういった人が社会に増えていくと良いなと考えているんです。


ーどうして、そのように思ったのですか?


間近で働く母親の姿がとても印象に残っています。
僕の母親は公務員でした。公務員というと、定時上がり、年収は常に右肩上がりのイメージが強いですが、僕が中学、高校の頃は帰宅が日付をまたぐことも度々ありました。それでも子育ては一切手を抜かずにしてくれていました。


いざ自分が就活をしてみると、公務員志望の女性がとても多い。
理由を聞くと大抵「安定しているから、そこまできつくなさそうだから」と。
そういう理由で決めた就職先で人は本当に幸せになれるのか、女性自身がもっと夢見て自分の未来にワクワクする瞬間を増やし、創造できる人がもっと多く世の中に増えれば少しは意識も前向きになるのではないかと考えました。


ーなるほど。お母さん子育てをしながらバリバリ働いていたんだね、格好良い!
酒井君の〝なりたい〟とパピマミはどのように繋がっているのですか?


二つあります。
パピマミが、結婚をして妊娠・出産・子育てをしている女性向けのメディアであるということが1つです。パピマミを通して、結婚した女性でも社会で活躍出来るという想いを発信していきたいです。
もう一つは、このメディア事業を来年の初めには女性の担当者に繋いでいきたいと考えているんです。


ーせっかく事業責任者になったのに、誰かに引き継いでしまうのですか?


はい。大きなメディアを女性が回しているという一つの事例になったらな、と考えています。
しっかりと引き継ぎが出来るように、今僕が自らビーボの想いのこもったメディアにしています。

IMG_4315

ー全て酒井君の〝なりたい〟に繋がっているんだね。
ビーボの想いのこもったメディアというのはどういうメディアにしたいと考えているの?


メディアは誰かに情報提供をするものでもありますが、その情報は瞬時に流れてしまうものでもあります。
その中でたまたまでも1本の記事を読んでもらった時に中身や心がこもっていて、日常で得られるものとは違う、この記事を読んで良かった、自分のためになったと思って頂けるメディアにしたいと思っています。
そこから必要とされ、常に選び続けてもらえるメディアでありたいと考えています。


ーまさに“コト”を届けるメディアだね。


はい。そのためにも、一言一句にこだわりをもってメディアを作っていきたいです。
さらに自分の苦手な部分を克服して、今後の自分の成長にも繋げていきたいと考えています。


IMG_4319

パピマミはただの情報提供サイト、ではなく多くの〝なりたい〟を叶えるメディアでした。
大学生、内定者であっても〝なりたい〟に本気であれば誰でもチャンスがある環境がビーボにはあります。
そして、ビーボの事業はこれからも〝なりたい〟に本気を実現するために成長していきます。
今後のパピマミと彼の成長が楽しみです。


→パピマミのサイトはこちらから