未来プロジェクト

未来プロジェクト

ビーボという組織は

社員全員でつくる作品である

未来プロジェクトとは

ビーボという会社はかねてから”理念経営”を掲げていうる中、更に「会社の未来は全社員でつくっていこう」という思いのもと、2016年9月に発足されたビーボの核となるプロジェクトです。

発足後の最初のミッションは

発足後の最初のミッションは、順調に拡大成長する事業を束ねるための、新たな「企業理念」の策定でした。
事業が順調に拡大している今だからこそ、「これからビーボが世の中にどんな価値を発揮するべきか」を再構築する必要があり、そこを未来プロジェクトチームが任されることになりました。

未来プロジェクトの軌跡

会社の重要プロジェクトとして、どんな成果を求められ、どんなプロセスにypる取り組みが実施されているかをご紹介しています。


発足:2016年9月
任期:半期毎(9月〜2月・3月〜8月)
メンバー:経営陣が推薦する4〜6名
現リーダー:橋口和奈(経営企画室 広報 Div.所属)

歴史を紡いでいく未来プロジェクトメンバー

Q. どんな想いを持って未来プロジェクトに取り組んでいますか?

リーダー:橋口 和奈(経営企画室 広報Div.所属)

橋口

これからビーボが成長していく上で様々な問題や壁に直面した時に迷走しないようなビーボの支柱を確立しなければならなりません。
社員の一人一人が主体性を持ち責任を持って仕事に向き合うことがこの支柱の確立につながるはずです。
今よりもその一人一人の目線を上げていきたいし全員が目標に向かって努力し続け、失敗もあるかもしれませんが一緒に頑張る仲間たちとの強い絆の構築や、お客様の”なりたい”のためにどんどん動いていける環境づくりを促していきたいです。

新人に対しても先輩方の想いやビーボの理念を浸透させるようなしっかりとしたアプローチなど、ビーボの中の人に向けた動きを未来プロジェクトを通して行っていきたいですね。

嶋田 健二(デジタルマーケティングDiv. 新規プロモーション所属)

嶋田

今よりもっと一体感をだしていきたいですね。これからビーボが大きくなる上で必要なことはもっと一人一人が自走する組織にならなければいけないということです。
一人一人が自走する組織をつくるためには社員のみんなが仕事を楽しみ、ビーボを愛しビーボが好きであるという気持ちが大切だと思うし、それが一体感を強めることに繋がると思います。

そのために未来プロジェクトとして、中途採用の新人さんに対する理念浸透だったり、現社員の方々に対してももっともっと深い理念浸透を促し続けたいです。

堀 裕子(CRM Div. お客様サポート所属)

堀

私は中途で入ってきましたがビーボが理念を本当に大事にしていてびっくりしていました。それと同時に理念の重要性と社内に対する理念浸透の大切さを強く理解できました。

理念があることは当たり前じゃないし、それがビーボの誇りとなっていることに感謝すべきだと思っています。

ビーボはこれから社員数も増え仕事の領域も広がっていく中で大切になるのは、この環境は当たり前じゃないということをしっかりと新人さんに伝えることだと思うのでそれを未来プロジェクトでサポートしていきたいです。

鳴海 菜々恵(CRM Div. お客様サポート所属)

鳴海

お客様の幸せのためには自分が幸せでないといけません。自らの幸せのために小さな目標達成を重ねることでそれがお客様の幸せに繋がると思います。これを繰り返していくことで、お客様の幸せのためにわくわくできる本気の環境が出来上がっていくのだと思います。

今よりももっと、全員がビーボで働いていることに誇りを持ち、全員が他のどこでもないビーボで働けることに感謝ができる集団になり、社員の方々にとってビーボを生きがいにしていきたいですね。
今よりももっと社員全員がビーボの理念を強く理解し共通認識を持つ状態をつくるサポートを未来プロジェクトがしていきたいです!

内藤 光希(経営企画室 HR Div.所属)

内藤

現状のビーボにはまだまだ満足しておらずビーボなら必ずもっと良くなっていけると思っています。一人一人に存在する幸せの道をつくるために“なりたい”に本気の会社の在り方とはまだ程遠いと思います。
ですが、こんなにも理念の重要性と社内に対する理念浸透に力をいれている会社はそうないと。ビーボくらいだ。“なりたい”に本気の会社が実現できたら純粋にわくわくしますし、ビーボが単純に好きだからもっと向上させていきたいと思いますし、“なりたい”に本気というビジョンに向けて一致団結する姿勢がさらに社員のモチベーションに繋がると思うので、“なりたい”に本気の会社の実現に向けて未来プロジェクトが基礎になっていけたらいいなと思っています。

そのために社内に向けて理念を浸透させることは非常に大切だと思います。こんなにも理念の重要性と社内に対する理念浸透に力をいれているこんな真剣に理念を大事にしてる会社そうはないと思います。これからビーボが大きくなっていく上で理念浸透は必要不可欠で理念浸透に終わりや限界はないと思っています。

篠崎 健人

篠崎

これまでの自分の人生経験から 自分だからこそ伝えられる想いや発信したいメッセージを誰にも負けない熱量で体現し、未来メンバーはもちろんビーボ社内に常に刺激を与え続ける存在でありたいです。もっともっとビーボ全社員の想いが一つになればものすごいパワーを発揮し、お客様の幸せを実現する会社として先頭を走っていけると思っています。僕がビーボの方々から勇気とパワーを頂いたように 今度は僕が自分の熱量でビーボの方々に刺激を与えて共に走っていきたいです。
自分が未来プロジェクトにいる意味をしっかりと自覚し日々を120%でやりぬいて、これから未来プロジェクトが稼働していく上でもっともっとこの先のお客様の幸せのために本気になれる集団になれるよう、自分は熱い想いを発信し続けます。

この想いが未来プロジェクトからビーボにビーボから世の中のたくさんのお客様の幸せへと繋がるように日々精進していきます。

企業理念

  • 企業理念

    みんなで考えたビーボの企業理念は「ミッション」「ビジョン」「クレド」の3つから構成されます。

    ミッション〜使命〜

    株式会社ビーボは、このミッションを達成するために存在し、このミッションを達成するための事業活動を行います。

  • ビジョン〜ありたい姿〜

    世の中のあらゆる〝なりたい〟を世界で一番本気で実現する会社。それがビーボです。

    クレド〜私たちの約束〜

    みんなで意見を出し合って決めたビーボのクレド、行動指針。私たちは、これら15の約束を行います。