株式会社ビーボ/Bbo CO., LTD.|ブルービー(青いミツバシ)のように一人一人に存在する幸せの道をつくる

【電話コンテスト】

ビーボではクォーターごとに電話コンテストが開催されます。今回は誰が決勝に進んだのでしょうか…

電話コンテストはお客様サポートチーム全員に参加資格があり、1回以上の優勝と2回以上の入賞で殿堂入りとなり、電話コンテストを卒業し、審査員になるルールがある中、今回は期末ということでルール関係なく、くじ引きでのトーナメント制で開催されました。

 

IMG_1437_mozaic

※漢字間違いはご愛嬌!


 

今回の参加には今年の4月に入社した新卒が6名参加しています。4月からお客様サポートの電話を受けるようになり、緊張、不安と常に戦い、そして時には泣き出すこともあった17卒が堂々とコンテストに出場し、決勝トーナメントに残ったメンバーが1名。途中で負けてしまったメンバーもいますが、リーダーを倒し、上がってきたメンバーも多数いました。

 

電話コンテストは単にうまく話すことではなく、いかにお客様に寄り添えるか。挨拶ちゃんとしてるか?お客様が楽しそうか。お客様の聞きたいことをわかりやすく話しているかなどが審査基準に盛り込まれています。

 

しかし、最大の難関は電話の中で体験価値を提供できるか。体験価値とは簡単にいうとお客様が望んでいる以上の価値を提供できるかということ。電話の中でお客様からの依頼がなくともお客様の気持ちを察して、期待以上の提案ができているか。

 

提案できた時のお客様からの一言は…
「ご丁寧にありがとうございました」

 

魔法の言葉です。この言葉を頂くのは本当に難しい。だから、この言葉を頂けた時のポイント数は高い。

 

私たちはお客様に体験価値を提供することにこだわっています。お客様が何を悩み、何をして欲しいのか。言われなくても気付いて察してサポートしていくことがビーボのこだわるお客様サポート。

 

お客様サポートはカスタマーセンターでもコールセンターでもありません。お客様サポートは一つの商品としてビーボの中の最も主力の商品であり、花形でもあります。全員プライドを持って、お一人おひとりに向き合うお客様サポートチームメンバーのプロ意識は半端ない。

 

誰かのために何かすることは簡単なことではなく
答えもないんです。
だからこそ、難しく、だからこそ楽しく、だからこそやりがいがあります。
生きてる中でこれほど「ありがとう」と言われる仕事はないと言っても過言ではありません。

 

レベルの高いお客様サポートメンバーの電話コンテスト。
誰が優勝してもおかしくないレベルの中、17卒メンバーが決勝トーナメントに上がってきたのは
スキルや知識ではないことを物語っています。

 

さあ〜、今回はだれが優勝するのでしょうか?楽しみです。

 

by ビーボの中の人

 

PS

今回は過去の優勝者が途中で負け、世代交代になる結果が続いています。負けるのは悔しいけど、そーやって若いメンバーが育っているのはベテランメンバーが常に本気だから。本気は伝染します〜私も本気でやんなきゃねー。

Blog

ビーボの中の人ブログ

ベストベンチャー100 「ベンチャー通信」にて紹介されました 「ニッポンの社長」にて紹介されました 情熱社長に選ばれました 人財力100 人財woman 「未来の百年企業」に選ばれました デザイナーオフィスとして紹介されました