代表挨拶

株式会社ビーボ代表取締役社長CEO「武川克己」の轆轤/ロクロまわし

一人一人に存在する幸せの道をつくる
幸せを運ぶブルービー(青いミツバチ)のように

ビーボ(Bbo)という社名の由来「(幸せを運ぶ)青い蜂=BlueBee」にもなっている、ビーボの存在意義・ミッションです。私たちは現在、女性向けのEC/通販事業を通して、このミッションを全員で成し遂げようとしています。


ビジョンは「〝なりたい〟に本気」
お客様の目的を達成させる事業と組織づくりを

現在の主力事業は、EC・通販事業ですが、人がモノを購入するという行為には、必ずその目的が存在し「お客様が望む手に入れたいものは“私たちの商品の先”にある」と考えています。

どういうことかというと、現在ビーボでは化粧品・健康食品・医薬部外品といったジャンルを扱っています。そのお客様は、そのモノ自体が欲しいわけではなく「こうなりたい」という思いや願いや目的をもって、商品を手にしていただいているということです。


しかし、化粧品・健康食品・医薬部外品などは使用したからと言って、すぐに効果が表れるものではありません。また日常生活からの継続的な取り組みなくして、お客様の目的を達成できるものでもありません。

このようなことから私たちは、良いモノをつくって、良いモノをお届けするだけの通販ブランドを目指すことはありません。私たちの通販ブランドは、モノをお届けしてからがスタートであり、一人一人のお客様の目的を叶えるパートナーです。お届けしてから徹底的にサポートをさせていただくことで目的を達成してもらう、このサポートも商品のひとつと考えています。


私たちがEC/通販という事業を通して、世の中に提供しようとしている価値はまさにここであり、現在は「お客様に目的を達成してもらう通販ブランド」をみんなでつくりあげている真っ只中です。人がモノを購入するという本質の部分に対してサービス(体験価値)を提供しようと、全員が日々の仕事を行っています。


常に改善、常により良く
圧倒的に突き抜けた体験価値を提供していく

私たちは、2010年9月設立のベンチャー企業です。私たちが目指すサービス(体験価値)に向けて、まだまだ足りないのが現状であり、まだ何も実現出来ていません。

組織体制も1つ1つの仕事も目指すところにはまだ遠く、やりたいこと、改善したいこと、新しく着手したいことはたくさんあります。


しかし世の中に提供しようとしている体験価値を信じて追い求めること、この体験価値を実現することに対しては全員が本気で取り組んでいます。自分たちが信じる未来に向けて、全員本気でひとつひとつレンガを積み上げていきます。


だからこそ、この2017年もビーボが今以上に世の中に対して、突き抜けた体験価値を提供出来るよう、みなさまからの批判やご意見は真摯に受け止め「常に改善、常により良く」を合言葉に、社員全員で事業と組織づくりに精進してまいりたいと存じます。

今後もご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。

2017年1月4日
代表取締役社長

武川克己
ビーボという会社を知る

インタビュー情報(外部メディア)

ベストベンチャー ニッポンの社長 ベンチャー通信 情熱社長

ビーボについて

  • 会社概要

    ビーボの会社概要、所在地・連絡先・設立などの基本データをご紹介しています。

    企業理念

    みんなで考えたビーボの企業理念は「ミッション」「ビジョン」「クレド」の3つから構成されます。

  • 沿革

    社歴は短いですが、ビーボの沿革も作ってみました。

    株式会社ビーボ代表取締役社長CEO「武川克己」の轆轤/ロクロまわし2
    代表挨拶

    ご挨拶させて頂きます。